ホーム > 求人募集 > スタッフインタビュー2

スタッフインタビュー2

川瀬さん

店長として働くようになって

昨年の8月から副店長を務め、今年の3月から店長を任せられました。最初はもう不安しかなくて、とにかくしっかりしなきゃと思いましたね。私ができないことは下の子もできないし、他のスタッフの手本にならないと・・・という気持ちが強かったです。
副店長の時は店長が上にいてくれたので、まだどこかに甘えがあったんですけど、自分が店長という立場になって改めて自分のお店という自覚を持つようになり、責任感も今まで以上に感じるようになりました。

スタッフを指導する難しさを実感しました

今年の春に7人の新人さんが入ってきたんですが、先輩としてではなく店長としての指導は初めてで、接客や態度、ふるまい等技術以外の部分をどうやって教えるか悩みました。人それぞれ教えたことや言ったことに対して受け止め方が違うので、みんな同じ教え方じゃダメだって気づきましたね。それからは一人ひとりに伝わる指導をするように心がけています。でも自分の性格的に、結局ストレートに言っちゃうんですけどね(笑)
それでもみんなしっかりしていて、真面目に取り組んでくれるので成長スピードはすごく速いです。後輩たちの成長がこれからも楽しみです!

これからのオーシャンネイル名駅店について

副店長の時からずっと思っているのは“スタッフに楽しく働いてほしい”ということです。なので、これからもそのための環境や雰囲気づくりを大事にしていきたいですね。
実はこの間まで仕事を続けるか悩んでいた子もいたんです。オーシャンは早くからお店に出してもらえるので、自信がない状態でお客様を担当するのが不安だと感じる子もいるんです。初めは上手くいかなくて当たり前なのですが、仕事としての施術や接客にプレッシャーを感じてしまって、自分には向いていないんじゃないかって考えてしまうんです。でもそう思うのはネイリストの仕事に対して真剣に考えているからなんですよね。だからその子にも辞めてほしくなくて、よく話を聞いてコミュニケーションをとり、周りでフォローして持ちこたえることができました。今はスタッフの数も多いので、一人ひとりとのコミュニケーションをより大切にしています。「仕事が楽しい」とスタッフに言ってもらえることが店長としては嬉しいですね。他のお店からも名駅店は元気がいいとよく言ってもらえるので、この明るさを活かして技術面でも接客面でも全店舗No.1を目指し、オーシャンの中で1番行きたいと思ってもらえるお店づくりをしていきます。